2012年から2021年のあいだに文芸・ジャーナリズム論系をご卒業されたみなさんへ

みなさんの在学中に配布していた『早稲田文学』の一部の号に残部があります。

当時持ち帰らなかった方で送付を希望される方は、送付先住所と氏名、在籍年度を明記の上bunja_renraku@list.waseda.jpにご連絡ください。

送料は当方負担でお送りいたします。

お送りさせていただく号に関しましては、みなさんの在籍年度にしたがって選定いたします。ただし残部に限りと偏りがあり、例外が発生する場合があることをご了承いただけますと幸いです。

たいへん恐縮ですが、2023年3月31日までにご返信をいただきたく、よろしくお願いいたします。個人情報の取り扱いに関しては細心の注意を払って対応させていただきます。
(なお、発送の時期については、2022年9月と2023年4月の2回を予定しております。ご連絡があっても発送までにお時間をいただく場合があることをご了承いただけますと幸いです。)

春季休業期間中の論系室について

みなさん、こんにちは!

 

2023年2月4日(土)〜2023年4月11日(火)の春季休業期間中は、論系室は全日閉室しております。

 

お問い合わせに関しては下記の論系室メールアドレスへご連絡ください。

bungeijournalism3238@gmail.com

 

みなさま、よい春休みをお過ごしください!

新年度のお越しをお待ちしております。

 

文芸・ジャーナリズム論系室

【1/30】「今更、谷川俊太郎 谷川作品をめぐるシンポジウム」のお知らせ

みなさん、こんにちは。

 

1952年に第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行以来8000を超える詩を創作し、海外でも評価が高まる詩人、谷川俊太郎さん。その作品について語り合う、「今更、谷川俊太郎  谷川作品をめぐるシンポジウム」が対面で開催されます。 

 

【開催日時】 

2023年1月30日(月) 14:00~17:00(開場13:00)

 

【場 所】 

早稲田大学 小野記念講堂(入場無料)

                  

【シンポジウム参加者】

伊藤比呂美、尾崎真理子、高橋源一郎四元康祐、マーサ・ナカムラ

 

【入場者受付について】

以下のオンラインによる事前申し込みをお願いします。(先着137名まで)

 こちらからお申込みください。☞

                                             

【主催】

早稲田大学文化構想学部文芸・ジャーナリズム論系、

早稲田大学大学院文学研究科現代文芸コース、

スーパーグローバル大学創成支援事業 早稲田大学国際日本学拠点

 

【共催】

早稲田大学国際文学館

 

なお、当日は体温測定、マスク着用、アルコール消毒等、新型コロナウィルス感染対策にご協力ください。

 

みなさまのご来場をお待ちしております!!!

 

※当日の記録映像を、後日一定期間配信する予定ですので、遠方の方はそちらをご覧ください。

 

冬季休業期間について

冬季休業期間中は論系室は閉室しています

 

みなさん、こんにちは!

 

2022年12月27日(火)〜 2023年1月5日(木)の冬季休業期間中、論系室は全日閉室しております。

 

お問い合わせに関しては下記の論系室メールアドレスへご連絡ください。


bungeijournalism3238@gmail.com  

 

本年もお世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

文芸・ジャーナリズム論系室

【1/28】「藤野可織さんシンポジウム」のお知らせ

みなさん、こんにちは!

 


藤野可織さんシンポジウム」が対面とオンライン配信によるハイフレックス形式で開催されます。

 


作家の藤野可織さんをお迎えして、『ドレス』、『ピエタとトランジ』、『青木きららのちょっとした冒険』など近年の作品についてお話しいただきます。藤野可織さんは、2006年に「いやしい鳥」で第103回文學界新人賞受賞、2013年に「爪と目」で第149回芥川龍之介賞を受賞されました。その他、『おはなしして子ちゃん』、『ファイナルガール』、『来世の記憶』などの著作があります。藤野さんの小説の世界についてお話をうかがい、フェミニズムについてやシスターフッドの未来についてなど、幅広くお話しできればと思います。文ジャ生はもちろん、他論系・他学部の方々も歓迎します!

 


日時:2023年1月28日(土)15:00~17:00

形式:対面とオンライン配信(Zoom Webinar使用)

URL:https://list-waseda-jp.zoom.us/j/94554699176?pwd=a0RLLzAzUDBtTkVBRzgvUlU5RGVoQT09

  (パスコード…776111)

場所:早稲田大学早稲田キャンパス
   3号館305教室(開場14:30)

定員:対面100名程度、オンライン200名程度(双方ともお申し込み不要)

参加費:無料

 


新型コロナウイルス拡大防止のため、マスク着用をお願いいたします。

早稲田大学早稲田キャンパスへのアクセス、構内マップは以下のURLをご覧ください。

 

早稲田キャンパスのユニバーシティデザインマップは以下のURLをご覧ください。

 

主催:早稲田大学文化構想学部文芸・ジャーナリズム論系、
   早稲田大学大学院文学研究科現代文芸コース

共催:スーパーグローバル大学創成支援事業 早稲田大学国際日本学拠点、
   早稲田大学国際文学館

 


皆さま、ぜひ奮ってご参加ください!

 

【追記(2022年12月20日)】

藤野可織さんのお写真を撮影された佐山順丸さんのお名前をチラシ内にてクレジットしておりませんでした。
つきましては画像を差し替えさせていただきます。
申し訳ございませんでした。



【重要】卒業研究・ゼミ論の提出について

4年生のみなさん向けに、提出時の注意点について、ご案内します。

 

 

 

(1)卒業研究の提出について

 

2022 年度における卒業研究の提出は「オンライン」にて⾏います。

 

 

 

提出日時:2022年12月12日(月)10:00~2022年12月15日(木)15:00(日本の標準時間)

 

 

詳細は、以下の文化構想学部ホームページに掲載されていますので、提出前に必ずご確認いただき、提出の際に不備がないようにしてください。

 

https://www.waseda.jp/flas/cms/students/seminar_thesis/

 

 

 

(2)ゼミ論の提出について

 

2022 年度におけるゼミ論は、指導教員へ直接データでの提出になります。

 

ゼミ内での各先生の指示に従ってご提出ください。

 

 

 

提出日時:2022年12月12日(月)10:00~2022年12月15日(木)15:00(日本の標準時間)

 

 

 

4年生のみなさんのご健筆を応援しています。

 

無事に提出できるよう、頑張ってください!

【12/17】 菊池有希先生と岡真理先生の講演会のお知らせ

みなさん、こんにちは!

 

文ジャ論系主催の「菊池有希・岡真理 講演会」がZoomウェビナーによるオンライン形式で開催されます。

 

日本近代文学を中心とした比較文学・比較詩学がご専門の菊池有希先生と、現代アラブ文学、パレスチナ問題がご専門の岡真理先生に以下の流れでご講演いただきます。

 

 第I部 近代詩と現代史をつなぐ(菊池有希先生)

 第II部 文学とジャーナリズムの狭間で——難民的生から世界を考える(岡真理先生)

 

 

日時:2022年12月17日(土) 14:00~16:00

 

 

URL:https://list-waseda-jp.zoom.us/j/95307526897?pwd=VUg5c0VYZS8zTjJ4bWsrZnhBR1NaQT09

 

 

講演者紹介:

<菊池有希先生>

都留文科大学教授。専門は近代日本文学・思想における西洋文学・思想の受容。日本の伝統的な詩学と西洋のロマン主義詩学とがどのように関連づけられているのかについて、その双方に深い関心を寄せていた詩人・批評家の仕事を手掛かりにしながら比較詩学的な研究を行う。著書に『近代日本におけるバイロン熱』(勉誠出版、2015年)。

<岡真理先生>

京都大学教授。専門は現代アラブ文学、パレスチナ問題。文学や映画、演劇、アートなどの表象を通して、現代世界に生きる人間の普遍的な思想的課題としてパレスチナ問題を考えている。著書に『ガザに地下鉄が走る日』(みすず書房、2018年)、『アラブ、祈りとしての文学』(みすず書房、2008年)など。

 

 

事前予約は必要ありませんので、文ジャ生はもちろん、他論系・他学部の方々も奮ってご参加ください。

 

みなさまのご来場をお待ちしております!!!

 

 

【12/2】沼野恭子先生の講演会のお知らせ

皆さん、こんにちは!

 

文ジャ論系主宰の講演会「〈ふさぎの虫〉は不実な美女か?」のお知らせです。

 

今回の講演会は、東京外国語大学教授の沼野恭子先生をゲストにお迎えし、対面で開催する予定です。

 

 文ジャからは、聞き手・司会を松永美穂先生がつとめます。

 

日時: 12月2日(金) 13:00~14:30

 

場所: 31号館208教室

 

対象:  学部学生・大学院生・教職員・一般

 

講演者紹介:東京外国語大学大学院総合国際学研究院 教授。

 

1957年、東京都生まれ。東京外国語大学ロシア語学科卒業後、NHK国際局に入局。退職後、夫でスラヴ文学者の沼野充義の留学先である米国・ハーバード大学ポーランドワルシャワ大学で日本語を教える。東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了、同博士課程単位取得満期退学。立教大学東京外国語大学慶應義塾大学非常勤講師を経て、現職。 著書に『アヴァンギャルドな女たち―ロシアの女性文化』(五柳叢書)、『ロシア文学の食卓』(NHKブックス)、『夢のありか―「未来の後」のロシア文学』(作品社)など。ウリツカヤ、アクーニン、ペトルシェフスカヤ、クルコフなど現代ロシア文学の訳書も多数。

事前申込みは不要です。皆さま、ぜひ奮ってご参加ください!