「佐野繁次郎の装幀モダニズム」展

佐野繁次郎

6月1〜3日の間、お茶の水東京古書会館にて、「佐野繁次郎の装幀モダニズム」展が開催されるとのことです。画家であり著名な装幀家であった佐野繁次郎についてはこちらの紹介をご参考に。

 古書好きで佐野繁次郎のあのユニークな手書き文字を知らない人はいないでしょう。2005年に開かれた佐野繁次郎の回顧展以来、その画業とともに、装幀本に対する評価もますます高まっています。そこで今回はその全体像を知るために西村義孝氏のコレクションによる「佐野繁次郎の装幀モダニズム」展を開催いたします。 
 佐野繁次郎は明治33年(1900)に大阪に生れました。15歳のころ佐伯祐三と知り合ったのをきっかけとして油絵を描きはじめます。二科展に初入選した翌年(1930)より装幀を手がけ、とくに一連の横光利一の著作では、前衛と伝統がせめぎあう新たな境地を開いています。敗戦直後の出版ブームから高度成長時代においても、舟橋聖一源氏鶏太といった大衆文学を中心に、一目で佐野本と分かるような印象的なデザインで数多くの作品を飾りました。
 初期から晩年までつねにモダンな作風を展開している佐野繁次郎の装幀をこの機会にぜひご高覧ください。
6月1日(日)-3日(火)10‐18時
東京古書会館 2階展示室
企画・出品:林哲夫、西村義孝
後援:アンダーグラウンド・ブック・カフェ
+++++++++++++++++++++++++++
展示関連講演会:
モダニスト佐野繁次郎の装幀について
+佐野本の集め方」
林哲夫+西村義孝
日時:6月1日(日)午後1時?
東京古書会館7階会議室にて
参加料:500円(当日)
+++++++++++++++++++++++++++
こちらのページより引用)