文芸・ジャーナリズム論系/大学院・現代文芸コース 公式ブログ

早稲田大学 文化構想学部 文芸・ジャーナリズム論系/大学院文学研究科 現代文芸コースの公式ブログです。

森山大道展

恵比寿の東京都写真美術館では現在、「森山大道展1.レトロスペクティヴ1965-2005/2.ハワイ」が開催されています。

このたび、東京都写真美術館では日本を代表する写真家・森山大道の個展「森山大道展1.レトロスペクティヴ1965-2005/2.ハワイ」を開催いたします。
商業デザイナーを経て、写真家・岩宮武二、細江英公に師事した森山大道が、フリーの写真家としてデビューをしたのは、1963年のことでした。“アレ、ブレ、ボケ”と形容されるハイコントラストや粗粒子図面の荒々しい写真表現で60年〜70年代の日本の写真界に一石を投じ、常に「写真とは何か」を問い続けてきた森山の作品は、初期の代表作『にっぽん劇場写真帖』(68年)、写真への問いをラディカルに突き詰めた『写真よさようなら』(72年)、スランプからの再起となった『光と影』(82年)、最新作『ハワイ』(07年)など、どれも注目を集めるものばかりです。そして、肌身離さず持ち歩いているコンパクトカメラは、一貫して路上から見える日常の断片をスナップショットとして収め、その力強い作品群から放たれる欲望、孤独、不安感は見る人の感情を大きく揺さぶります。

写真家へのインタビューページも貴重。6月29日まで。

犬の記憶 (河出文庫)

犬の記憶 (河出文庫)

ハワイ

ハワイ