文芸・ジャーナリズム論系/大学院・現代文芸コース 公式ブログ

早稲田大学 文化構想学部 文芸・ジャーナリズム論系/大学院文学研究科 現代文芸コースの公式ブログです。

第一回ガルシア=マルケス会議

四谷のセルバンテス文化センターでは、10月3日(金)からの3日間、「コロンビア・日本外交樹立100周年」としてガルシア=マルケス特別プログラムを開催するとのこと。上記ページ内のpdfの申込用紙にて要予約。

コロンビア・日本外交樹立100周年を記念し、在日コロンビア大使館とセルバンテス文化センター東京よりスペイン語圏作家としては日本で最も認知されているノーベル賞受賞作家ガブリエル・ガルシア=マルケスをテーマにしたプログラムにご招待いたします。
プログラムは池澤夏樹高橋源一郎野谷文昭をはじめコロンビア、スペイン、日本の専門家を迎えての『第一回ガルシア=マルケス会議』を開催するとともに、セルバンテス文化センター東京2階ギャラリーにて『わが心のガボ』『写真家レオ・マティスがみたマコンド』の2つの展覧会、また映画上映(日本語字幕付)を予定しております。

スケジュールは上記HPからはあまりわかりませんが、こちらのページで確認できます。

 3日午後5時からオープニング。作家・池澤夏樹氏の講演。
 4日午前10時30分から講演会と座談会。座談会には劇作家・坂手洋二氏、東大教授・野谷文昭氏ら。午後1時30分からの座談会には帝京大教授・詩人の田村さと子氏ら。
 5日午前11時から作家・高橋源一郎氏と作家・小野正嗣氏の講演、多数の文学者による総括の座談会。
 同時通訳あり。無料。要予約。問い合わせは03・5210・1800(同文化センター)。