ブックフェア「現代アートと哲学」

現代アートと哲学

現在、紀伊国屋書店のウェブ上&新宿本店&新宿南店&渋谷店にて、「現代アートと哲学」と銘打ったブックフェアが催されている模様。以下、公式ページより引用。

現代アートの国際的先端シーンを紹介してきた日英バイリンガル季刊誌「ART IT」誌創刊4周年記念フェアを、人文書フロアで開催いたします。瀕死の「人文学」には、今こそ「アート」が必要だ―というわけで、「アート×人文」がタッグを組むと、どうなる? ―という230点の大特集です。森美術館で開催中の「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展に合わせて、日本の気鋭アーティストの書籍も多数取り揃えました。人文書フロアならではのアプローチ―アートを人文書として、人文書をアートとして読む―そのような、知と感性を架橋する体験に開かれた方々をお待ちしております。

現代アートを考える上でマストな本、ホットな本など充実のラインナップ。品揃えを見ているだけで面白い。
この展示自体、現代アートの季刊誌「ART IT」と森美術館の「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展との連動企画ということで、かなり大掛かりなものの様子。興味が出たら書店店頭にて本を手にとってみることをオススメします。書店の平積み棚のラインナップの揃え方や書棚の展示のあり方からも、学ぶことはきっとたくさんある筈。